ニキビ跡がある場合の産毛処理には注意

ニキビ跡がある場合の産毛処理には注意

過去に酷いニキビができてニキビ跡が残ってしまった場合、顔の産毛を剃るのは危険です。

 

跡にも色々な種類がありますが、凸凹とした跡の場合はカミソリやシェーバーが引っかかってしまうことがあります。また、色素沈着のように皮膚は平らであっても刺激に弱い状態になっている可能性もありますので、剃る方法は向きません。

 

安全に処理をしたい時におすすめなのがレーザーや光を照射する方法で行う顔脱毛です。

 

これらはムダ毛の黒いメラニン色素に反応する特殊な光を使って処理を行っていくのですが、新しいタイプの機器なら色素の薄い産毛でも反応します。光脱毛を選ぶ場合、肌への嬉しい効果も期待できます。

 

照射される光には肌中のコラーゲンを増やす働きがあるのですが、コラーゲンが増えると肌中の水分量が増えて肌バランスが自然と整います。そうすると細胞の働きが活性化されてターンオーバーが順調になりますので、トラブルを含む肌細胞がどんどん排出されます。