女子としては当たり前の顔の産毛処理

女子としては当たり前の顔の産毛処理

女子としては当たり前となった顔の産毛処理ですが、あなたはどうしていますか?
まさかまだ「顔の産毛処理」で試行錯誤を繰り返したりしていませんか?そろそろ女子として、「顔の産毛処理」についてちゃんとした知識を身に付けてみませんか?そしたら女子力アップ間違いなしですよ。

 

まずは顔の産毛を剃ることからはじめましょう。カミソリよりも、電気シェーバーの方がお肌に優しいので、なるべくなら、百均などのかみそりを使うのはやめましょう。
剃ること自体はあまり問題ないのですが、お肌のバリア機能を産毛と一緒に持っていかないように気をつけてください。

 

そのためには、毛の流れに剃って剃ることが良いそうです。そして、顔専用の電気シェーバーを使って、清潔な肌で剃ることです。
そして抑毛効果のあるスキンケアクリームを使うことで、さらに顔の産毛は薄くなりますので、効果がでつつ、顔の産毛処理もするという方法でどうでしょうか?

 

これで、電気シェーバーを使う頻度は下がっても、増えることはありませんのでご安心ください。
次に絶対やってはいけない毛抜きです。

 

ありとあらゆる皮膚や肌も一緒に引っ張ってしまう毛抜きはNGですので、1本だけ太いのがあるという場合を除いては避けるようにしましょう。
毛を無理に引っ張ってぬいていると、肌がたるんできます。つまり、老け顔になってしまうということです。

 

口の周りだけ皮膚がたるむと、法令線がでてきます。そうなると一気に老け顔になりますので、毛抜きで抜くことが一番NGだということだけは覚えておいてください。

 

絶対綺麗に、ちゃんと全部産毛をなくして綺麗にしたい。時間もコストもかけて良いという女子なら、専門家に任せるのが一番です。
やはり皮膚科の先生がいる医療脱毛でしょう。レーザー照射力も強く、麻酔もしてくれ、薬もくれて、万が一にもちゃんと対応してくれそうです。

 

しかも、レーザーが強いために、うすい産毛や難しい鼻の下なども腕のよい人がレーザー照射してくれれば、通う回数が減ります。
さらに、エステサロンの脱毛です。

 

こちらはあまりつよくない光照射となりますので、通う回数が多くなるのですが、ついでにリラクゼーションなどのエステメニューもできることがメリットですね。

 

永久脱毛と決めたら、まずは、両方無料カウンセリングに行って、どちらが自分の肌質や、毛の量などに合うのかを要チェックです。
あとは、コストもパッケージになっているなら安心ですよね。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?