顔の産毛が白いのは!?

顔の産毛が白いのは!?

顔の産毛が白いのは、本当に透明な毛で、桃の表面にあるような毛のことです。
いわゆる「ピーチスキン」ですが、これぐらいの白い産毛が顔にあったらかわいくないですか?

 

てかっていない、中学生ぐらいのナチュラルにパウダーをかけたような感じのお肌できれいです。
いわゆる顔の産毛が白い、白く見える、ピーチスキンの人はベルベット肌といわれる人ですよね。

 

でも、思春期になると、ホルモン分泌が活発になってきます。ここで、遺伝などで男性ホルモンの方が多く分泌されてしまうと、濃い産毛になってしまうこともあります。

 

その時にはもうピーチスキンでもなく、ベルベットスキンでもなく、ただの顔の産毛が濃い女性となりますので、処理方法を今から確認しておきましょう。
なぜなら、女性の顔のムダ毛のうち、男性がよく見ている部位が「鼻下(ヒゲ)、ほほ、眉の間、小鼻周り」だそうです。

 

顔の中心だから仕方がないと思いますが、女性としては嫌な気分ですよね。
しかも、思春期にはお化粧品で隠すということができないために、困ると思います。

 

ただ、顔専用の電気シェーバーが中高生でも買える価格で販売されていますから、それを使いつつ、化粧水や乳液などでしっかり保湿をしていけばいいと思います。

 

できれば、抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションを使うと、さらに相乗効果があります。
ただ、これらの製品の中には顔以外と記載のものもありますので、ちゃんと顔用というのをチェックして購入してくださいね。

 

「白い産毛程度なら・・・」大丈夫。という男性の意見だそうです。
おそらく、ふわ〜っとした感じの真っ白いセーター的な産毛なら、まだカワイイと思えるかも?といったところなのではないでしょうか。

 

男性の本音のしめくくりは「ムダ毛が生えているのを発見しても口にすることはできないので、ちゃんと処理して欲しい。」ということでした。
やはり社会人云々よりも、ちゃんと処理しましょう。

 

でも、そもそも顔の産毛は処理しても良いの?という素朴な疑問です。
顔の産毛は剃っちゃダメと言われたことがある女性もいらっしゃると思いますが、産毛は処理しても大丈夫です。

 

わたしたちの顔に産毛が生えている理由は、大気中の汚れからの保護であったりします。
外敵や顔に触れてはいけないものの接近をいち早く察知するセンサーの役目も果たしています。

 

産毛を剃ってしまったらお顔を守ってくれる保護役がいなくなるのが心配ですが、意外と大丈夫なのだそうです。なぜなら、日本人女性はまめに日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗ったりしますから、お肌のダメージはほとんどないとか。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?